乗馬とコラボ

ブログ

こんにちは。とてもいい天気ですね。でも、暑いです・・・とても暑いです(”◇”)ゞ・・・昨日まで北海道で乗馬をしていました。到着した14日の旭川の気温は13度、滞在した5日の間も最高気温がせいぜい20度前後だったので、横浜の暑さは辛いです・・・。今回は、滞在中、早朝からJアラートが鳴り響いたり、台風の影響で帰路の飛行機の運航状況など気を揉むこともありましたが、旭川発着便は大きな遅れもなく、無事に帰ってくることができました。

DSC_0242

さて、北海道は大雪山系、白滝というところにあるどさんこトレッキング牧場(まきば北海道)へ行ってきました。旭川空港から約1時間半程度の場所で、ここの牧場主さんとは10年以上のおつきあいをさせていただいています。山あり谷あり川あり草原ありの場所で、毎年、大雪山ウルトラトレイルがここで開催されていますが、乗馬のコースも、一部このコースと重なります。でも、人が入っていけないような藪の中にも馬なら入っていけるので、見える景色は格別です。今回は3日間の合宿モードで研修という位置づけで行ってきました。一緒に行ったのは夫と、以前(10年位前?)、たまたま一緒に馬術検定の試験を受けて意気投合し、以来、毎年一緒に乗馬旅行をしている兵庫県尼崎に住む友人と私の3人です。この3人で乗馬をすると、牧歌的、にはならなくて、つい競馬モードになってしまうため馬は大変だと思います。まあ、この尼崎の友人はエンデュランス(馬のマラソン大会のようなもの)全日本大会120㎞の 部で4位に入賞するような人なので、いざ競馬をすると敵わないのですが・・・。

さて乗馬ですが、皆さんどのようなイメージをお持ちですか?以前にもブログで書いたことがありますが、乗馬というのはメチャ体幹力とバランス感覚が必要なスポーツなんです。馬の邪魔をしないように馬と一緒に揺れ、馬がよろけても自分はバランスを取り続ける、そんな感覚が必要です。特に今回のように山に入ったり、川を渡るような外乗では、急斜面での上り下り、足元のぬかるみ、川の流れと大きな石がゴロゴロと・・・、馬もつまずきます。そんな時にはしっかりと馬上でバランスを取れなければ大怪我につながります。そう、そこでピラティスです♪ピラティスのおかげで、どんな山道での乗馬でも、馬が何かに驚いて横跳びをしても、バランスを崩すことはなくなりました。そう、外乗では鹿に会ったり、藪の中で動物がガサガサ音を立てたり、馬が驚く要素は数えたらキリがありません。外乗をするならピラティスをおすすめします。楽しさ倍増ですよ。

今回の乗馬旅行では、いつもお世話になっている牧場主さんなので、ピラティスと乗馬で何かコラボさせていただけないか、相談を兼ねて行ってきました。来年の夏以降の企画にはなりますが、乗馬がもっとうまくなりたい方はもちろん、未経験だけどなんだかおもしろそう・・・という方も安心して参加できるような「ピラティス×乗馬」企画をワークショップのような形で実現させたいと思います。馬に慣れてきたら馬上ピラティスとか?!(キツそう!!)興味のある方は、今からでもピラティスをやって体幹を鍛えた方がいいですよ~♪そして一緒に外乗に出かけましょう!とにかく、馬の上から見る大自然の景色は、本当に雄大で壮大で美しく、何よりも贅沢です。