ブログ

こんにちは。とても暑いですが、もうすぐ9月なんですね。本当に早い!みなさんちゃんと夏休みは取得しましたか?しっかり休んで、ご家族や友人と大切な時間を過ごしましょう。

さて、私は先日、戸隠へ登山に行ってきました。登山口は戸隠神社奥社入口→八方睨→九頭龍山を 経由して下山口は戸隠牧場です。日曜日を利用した日帰り登山でしたが・・・めちゃ大変でした。ほぼ直角?と思うような鎖場(胸突き岩)や、幅50センチほどの、両側が切り立った崖になっているナイフエッジを20メートルに渡って通る(蟻の塔渡)、など恐怖もさることながら、そもそもアップダウンが激しく、下山したときには膝が何度もカクンカクンとなっていました。

蟻の塔渡は、とても怖い。戻るか進むか・・・戻るならほぼ直角の鎖場を下るということ。進んでも戻っても同じくらい嫌だな、と思うので進むしかありません。でもここから先、蟻の塔渡は幅も狭く、多分道路の路肩を歩くより余程幅はあるのですが、まず恐怖が先立って、2本足で歩く気になれません。また、最後の方に鎖があるだけで、後は頼るものがありません。両側は切り立った崖で左側に落ちれば、100%さようならなので、なんとか右側から巻いていけないかなーと企んだところ、途中から足場がなくなり立ち往生。仕方なくよじ登り、四つ這いになったり所々2本足になって前に進みました。後半はあまりに幅が狭いので、跨って前進。私は乗馬もやりますが、どう考えてもサラブレットの背中より薄かったです。

今回の登山は鎖場も多く、沢に設けられた鎖場などは足場も滑りやすいため本当に緊張しました。こういう鎖を設置して下さる、恐らくは地元の遭難対策協議会の方々は、大変だろうな、と思います。 

 

さてさて、何とか下山後は戸隠神社近くの宿坊にお世話になりました。温泉ではありませんでしたがお風呂→KIRIN氷結レモン→食事、の後はもう起きていられませんでした。そして翌日・・・前腿がめちゃ筋肉痛です。普段あまり前腿(四頭筋)は鍛えたくないのでエクササイズしていないのですが、やはり登山には大切な筋肉です。一緒に行った夫は登山向けに四頭筋のエクササイズも含んだピラティスメニューをがんばった甲斐あって、四頭筋の筋肉痛はそれほどではなかったようです。一方、今回のように鎖場が多い登山では足場があっても、つま先で支えざるを得ないケースも多々あります。私はバレエをやっているのと、バレエのために足先を使えるようになるピラティスをやっているので足裏や足指はかなり強い方ですが、対する夫は土踏まずやふくらはぎが筋肉痛のようです。また、以前ならこういう鎖場では間違いなく肩周りが痛くなっていましたが、今回は全く肩は問題ありません。

結論。きちんと万遍なくピラティスで鍛えれば登山はもっと楽しめそうです!

ブログ

こんにちは。ジメジメムシムシした日が続いていますね。昨日は山の日で休日でしたが、昨日から夏休み、という方も多いのではないでしょうか?ゆっくり羽を伸ばして英気を養ってください。

さて、昨日はピラティスのスタジオをお休みし、友人が主宰する「スタジオアン」バレエ発表会のお手伝いに行ってきました。小さなバレリーナたちのメイクをしたり、グランパドドゥを踊る男性の衣装の背中を縫ったり、など裏方仕事をしていました。グランパドドゥは男性と女性が組んで踊るのですが、女性をサポートする男性の手や指が衣装のホックの間に入ってしまったり、ホックにチュチュや刺しゅうが絡んだり、あるいはダイナミックな動きによって外れてしまうことを防ぐため、男女とも衣装の背中を縫って踊ります。当然自分ではできませんので、縫うのも切るのも他の人頼り、となります。

初めて舞台に立つ小さなバレリーナたちはメイク・衣装にテンションアップ。周りから「かわいい~♪」と言われてうれしそうに、そして大はしゃぎしていました。中には「どっちがかわいい?」とお友達と競う困った質問もありました(汗)。

そんな慌ただしい中でしたが、舞台袖からみなさんの踊りを拝見していました。ゲストの男性はもちろんプロとして活躍するバレエダンサーですのでお上手なのですが、それにしてもオリジナルの振り付けより難しくアレンジするなど、発表会とは思えない、すばらしいものでした。そして、生徒さんたちも。オリジナルより難しい振り付けにがんばって一緒に踊った生徒さん、初めてのパドドゥで一生懸命に練習し、見事に楽しい演技を見せてくれた生徒さん、ゲネプロで自分の立ち位置を間違って泣いてしまったちびっ子さん、仕事、家庭、バレエを両立(トリプルです)させながらレッスンを続けている大人のバレエダンサーの方々、昨日は本当に素晴らしい舞台でした!お疲れ様です。

あ、タイトルはバレエとピラティスでした。ちょっとだけピラティスの話もしなくては。ピラティスは「ピラティスの歴史」で以前ご紹介しているとおり、第一次大戦時の負傷病兵へのリハビリとして確立されましたが、その後ピラティス氏がアメリカに渡り、最初に広まったのはニューヨークシティバレエで、ジョージ・バランシンをはじめ数多くのダンサーに受け入れられてきました。バランシンは怪我をした多くのダンサーをリハビリのためにピラティス氏のもとへ送り込んだと言われています。バレエは見た目の華麗さとは裏腹にとても過酷なものです。多くのダンサーはレッスンを通じ、身体を過度に緊張させていたり、脊柱のS字カーブを浅くしているケースが多いのです。また幼いころから過度なストレッチを行う反面、関節の安定を重視したレッスンは受けていない方も多いのではないでしょうか。本来の可動域を超えた動きをすることはリスクを伴うものです。

バレエダンサーに対しピラティスでお手伝いすることは、以下のとおりです。

  1. 身体の緊張をうまく開放できるよう、中心軸を安定させ、機能的な動きを獲得し、怪我などのリスクを最小限にすること。
  2. アフターケアは更なるストレッチではなく、ニュートラルポジションを取り戻してもらうこと 

私自身にも言えますが、これからも長くバレエを続けていくために、きちんとメンテナンスをしていきたいですね。

 参考:臨床スポーツ医学「アスリートに対するピラティスメソッドの可能性」

ブログ

こんにちは。気が付けば早くも8月。そして、スタジオオープンから10日ばかり経ちました。ブログも久しぶりです。言い訳、ではないんですが、実はまだスタジオ内のネットワーク環境が整っていませんで、スタジオにいる間はブログの更新ができなかったんです。ケーブルTVや光系のネットワークは利用できず、その他の手段を色々検討しているところです。今はスタジオにいますが、がんばってデザリングを利用してブログを書いているところです。まあ、スマホで更新すれば良いのかもしれませんが、最近細かい字を見るのが辛くて・・・・。

という訳で本題です。みなさんは座骨ってご存知ですか?座るときに座面に触れる、骨盤の下のほうにある左右1対の出っ張った骨、といえば分かりますか?痩せている方はこの骨が椅子にあたって痛い、という方もいるかも知れません。

ピラティスではエクササイズ中の足の幅は肩幅や座骨幅、または内転(間を空けない)などのポジションをお伝えします。実際は座骨幅でのエクササイズが一番多いかと思います。それは座骨の延長線上に足(foot)があるのが正しいアライメントだからです。左右の座骨の幅は大体握りこぶし1つ分くらいです。でも、実際にあおむけに寝て、感覚を頼りに足を座骨幅にしようとすると、握りこぶし2つか3つ分くらい開く方が多いようです。「握りこぶし1つ分ですよ」とお伝えすると幅を狭めて下さいますが、それでも広く足を置く方が多くいらっしゃいます。普段、足幅を広くして立つ方は、中心が外にある分、足で体重を支えている方が多いようです。一方で足と足の間が狭い方は中心に向け、体幹で立っている方が多いと言われています。中心は真ん中にある方が疲れも少ないと思います。ここは体幹を使うように心がけてみませんか?ピラティスでアライメントを整え、疲れない身体を作りましょう。

さて、先日プロのカメラマンさんにスタジオ内の撮影をお願いし、先日写真をいただきました。早速ホームページ上に掲載しているのでスタジオの雰囲気をぜひご覧になってください。明るくて、気持ちの良いスタジオで、楽しく、無理なくエクササイズをお楽しみください!

ブログ

こんにちは。暑いですね。ランチにラーメンでも食べようものなら汗が冗談みたいに吹き出しています。

さて、先週金曜日、7月21日にスタジオをオープンすることができました。オープン日当日、立派な胡蝶蘭連盟でを贈ってくださった方々、お花をわざわざお持ちいただいた方、おいしそうなワインや日本酒、お菓子の詰め合わせをくださった方、本当にありがとうございます。また、フェイスブックで応援してくださっている方、メールで励ましのメッセージをくださった方、本当に嬉しく思います。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

おかげさまで土曜日、日曜日と何人かご予約いただき、お仕事をさせていただきました。6月まで中山や藤が丘のスタジオをお借りしてレッスンを開催してきたのですが、その頃から来てくださっているお客様が、土曜日のグループレッスンでお友達をお二人連れてきて下さいました。お二人ともピラティスは初めてということでしたが、楽しかった!とおっしゃって下さいました。ぜひ今後ともよろしくお願いします。

話は全く変わりますが、ドラゴンフルーツってご存知ですか?サボテンの実でほのかに甘いフルーツで、小さな種が身の中にいっぱい詰まっています。5月末にドラゴンフルーツを食べ、遊び半分で種を植えていました。発芽率はよく、あっという間に芽が出たもののしばらく何の成長も見せませんでした。が、先日よく見たら双葉の間に一丁前にサボテンのトゲトゲが!!せいぜい2〜3㎜程度で小指の先にも満たない大きさで、めちゃかわいいです。ちゃんと成長して、ドラゴンフルーツを収穫させてくださいね。もう少し大きくなったらスタジオにも持って行こうと思います。

私の仕事も、種を蒔いたばかり。このサボテンのように少しずつ育てていければいいな、と思います。今週も少しずつご予約をいただいています。これからもがんばっていきますので応援よろしくおねがいします。

ブログ

こんにちは。梅雨も明け、学校も夏休みが始まり本格的な夏の到来です。連日30度を超える気温ですが、健康にしっかり気を付けていきましょう。夏こそ運動して体を整えていきたいですね。

さて、ピラティススタジオファーレは本日オープンいたしました。駅から近く、窓の多い明るいお部屋です。オープンのお祝いにと、中山のスタジオから引き続き来て下さったお客様からすてきなお花をいただきました。やっぱりお花があるっていいですね。長持ちするよう大切にします。

昨日はオープン前日、カメラマンの方に来ていただき、スタジオ内の雰囲気を撮影していただきました。きちんとした写真は後日HPに載せるとして、今回は私が撮った写真でなんとなくスタジオの雰囲気をお見せします。

また、今までお世話になった方にスタジオオープンのご挨拶のお知らせをしたところ、HPに誤字脱字が多いんじゃない?と親しくしていただいている方からご指摘をたまわりました。見てみると、あホントだ。よく見てるなあ・・・というか、ありがとうございます。気を付けてまいります。

皆様、これからどうぞよろしくお願いいたします。ぜひ1度いらしてください。

ブログ

今日も暑いですね。来る日も来る日も暑いです。関東はこんな状態で、水不足が心配です。

さて、今日はそんな暑い中、青葉台にある「青葉台フォーラム」でピラティスのセミナーを開催させていただきました。正確にはサンケイリビング新聞社主催の「グレイスエイジのためのビューティライフセミナー」で45分間お時間をいただき、ピラティスのご紹介をしてきました。暑い中、足をお運びいただき、ご参加いただきましたみなさん、本当にありがとうございました。

お越しいただいたのは30数名の方。本当はみなさんにマットをご用意してきちんとしたエクササイズをご紹介したかったのですが、今回は椅子に座った状態でピラティスを体験していただきました。

まず、ピラティスの歴史をご紹介、そして5原則、ピラティスの効果と簡単なエクササイズのご紹介。会場にはピラティス専用マシンの1つ、「スタビリティチェア」をご用意し、簡単なエクササイズを体験していただきました。そう、ブログでもすべてご紹介しています。皆さん覚えていますか?5原則。呼吸、骨盤の配置、胸郭の配置、肩甲骨の動きと安定、そして頭と頸部の配置です。実際、エクササイズしながらこの5原則を意識し続けるのはとても難しい様子でしたが、皆さん楽しんでいただけたようです。

セミナーはピラティスのほかにあざみ野ヒルズスキンクリニックの「いくつになっても”キレイ”と言われたい!」やリフォームに関するセミナー、親の代理婚活などのセミナーがありました。私はあざみ野ヒルズスキンクリニックさんの口紅を試させていただきました。きれいな色で、ツヤツヤでプルプルです。IKKOさんも「これいい~」と言っていた品物だとか。つい衝動買いしてしまいました・・・。あざみ野ヒルズスキンクリニックの方とはしばらく世間話させていただき、その延長で、ぜひ今度「美」をテーマにコラボしましょうと言って下さいました。ぜひぜひ!!コラボできたら楽しそうですね。

今回は45分という短い時間と、大勢の方がいらっしゃったということもあり、あまりエクササイズの体験できなかったと思います。7月21日以降、がっつり体験いただけます。ぜひ体験レッスンにいらしてください!

ブログ

こんにちは。ピラティスの専用マシンをカナダから輸入していたところですが、6月末に横浜港に届いたという連絡があり、昨日取りに行ってきました。準備が整いつつあり、近々オープン後のスケジュールをアップしたいと思います。なお、オープンは7月21日(金)を予定しています。

荷物の重さは約300kg。259㎝×79㎝の箱が2つとのこと。自宅のエクストレイルには乗りそうもないので、どうしようかなーとピラティス仲間に相談したところ、彼のさらにお友達からトラックを借りて、一緒に来てくれる、というありがたいお申し出をいただき、お言葉に甘えることにして、昨日横浜は本牧ふ頭まで行ってきました。台風も懸念されましたが、なんとか無事に引き取ることができました。

通関手続きのため、各輸入品目がどの税表が適用されるのか、その税目コード(HSコード)を調べなければならないのですが、そのコードがものすごい膨大で、一体ピラティスのマシンは何に該当するのかさっぱり分からず、まずは前日に横浜税関に問い合わせたところ、即答は難しいということ(もっと早く問いあわせろ?)。購入品の写真、用途、材質を記したリストを作成し、メールで送った上で、当日一緒に考えていただけるという回答でした。端的に言えばまず素材の税目コードがあり、その素材からつくられる中間品、完成品という感じで10桁のコードがつけられるようです。運動用品という分類があるのですが、その中身はゴルフ用品とかテニス用品など、ぴったり当てはまるものにしか該当せず、当てはまらない場合は素材から判断するということで、小物類含め20品目購入しているので、その一つ一つを見ていくと、結局、税表適用判断に午前中いっぱいかかってしまいました。お昼を食べる暇もなく、次は倉庫の所在地を管轄する税関、本牧出張所へ申請へ。そこで内容の審査、荷物を引き取り後、X線検査をするよう指示を受けました。

やっと、本牧ふ頭にある倉庫へ。5車線ある道路は大型トラックだらけ。搬入・搬出待ちのトラックの列の2車線向こう側に私たちが行きたい倉庫へ行くレーンがあるけど、もう車線変更できず、どうしよう!と騒いでいましたが、やはり素人さん向けに先に進む道が用意されていて、警備員の人が手招きして案内してくれました。何とか目的地に到着。ただでさえ私のメチャクチャなナビに加え、本牧ふ頭の突堤道路は、素人にはなかなか大変で、でもとても楽しめました。私たちのトラックは1.5トン。大型トラックの間で運転していると、マグロの群れの中にいるイワシのような気持ちでした。

さて、倉庫。もちろん勝手が分からず、いろんな人にいろんな事を聞きながら、やっと荷物に出会えました。トラックに荷物を積むフォークリフトの見事な運転さばきに感動し、今度はX線検査場へ。係員の指示で指定の場所までトラックを進め、私たちはそこで降り、トラックは車体ごとX線検査。検査結果は「中身を見せなさい」ということで、さらに開披の検査場へ。箱を開け、薬物の反応がないかなど丹念に中を検査していました。そして、やっと納税です。

スタジオについたのは17時ごろ。ここで夫も合流し、3人で力を合わせて何とか搬入を済ませました。中でもリフォーマーのスタンドは大きくて重く(60㎏)、エレベーターにも乗らないため4階まで階段で縦にしたり横にしたりしながら搬入しました。終わった時には思わず3人でハイタッチ。終了は21時すぎ。お昼抜き、朝からの重労働、しかも埼玉からわざわざ来ていただいて、本当にお手伝いありがとうございました。

さてさて、中身は・・・。あれ?え?発注した一部の荷物が入っていない!!!!えー??本部に連絡しなくっちゃ!って、ああ・・・本部はカナダ。また英語か・・・。小物類だから国際宅急便扱いで送ってくれるとは思うけど、通関済んでるし・・・。早く送ってね、でも支払いも通関も済んでるんから送料も税金も請求しちゃダメって、がんばって連絡します・・・。

ブログ

こんにちは。めっきり梅雨らしくなりました。湿度も高く、しっかり体調管理をしていきたいですね。

さて、昨日、ゴルフのためのピラティスワークショップに参加してきました。皆さんはゴルフをなさいますか?私はむかーし、職場の先輩に教わってコースに出たりしましたが、他にバレエや乗馬などの体力(お金も)のかかる趣味があり、ゴルフは長続きしませんでした。どのスポーツにも言えることかもしれませんが、ゴルフは肩甲骨や骨盤・股関節、体幹の柔軟性がとても大切です。また体幹と四肢の動きがしっかり連動してシンクロしないとパワーを発揮することができません。どこか一箇所の関節がうまく連動しないと、いわゆる「手打ち」になってしまいます。そんな中、無理な身体の使い方をして腰を痛めたり、怪我をしているプレイヤーも多いのではないでしょうか。また、同一方向への回旋ばかりなので、何のメンテナンスもしないと左右にアンバランスが生じます。プロのゴルファーは競技後、反対方向にスウィングを100回(?)しているそうですね。また、ピラティスもおすすめです。ピラティスは身体のシンメトリーを向上させ、怪我を予防することが可能です。それは結果的にスコアアップにもつながります。そうそう、石川遼くんはトレーニングにピラティスを導入しています。ゴルフに限らず、イチロー選手やクルム伊達選手、錦織圭選手もトレーニングにピラティスを導入しています。ダンスもスポーツも、そのスポーツのために必要な筋力や柔軟性だけを養えば良いのではなく、一旦リセットさせる、関節や体幹を安定させる、という視点が大切なのかもしれません。

さて、ゴルフのためのピラティスですが、どんなことをやるのでしょうか?

もちろん、まずは軸がぶれなくなるよう、体幹を鍛えます。しっかり腰部を安定できるよう、腹部のインナーマッスルを鍛えます。また、かなり脊柱を伸展(反る)させるスポーツですので腰部を安定させながら体を反ることができるよう、柔軟性をつけることが必要です。次に大きなスウィングアームのため、肩甲骨の可動域を広くすると同時に肩甲骨周辺の筋肉を鍛え、安定するようにします。そして、股関節。股関節が内旋・外旋ともに柔軟にできなければ、体重移動がスムーズにできません。基本的なトレーニングは普通のピラティスに、少し肩甲骨や股関節の柔軟性を重視したエクササイズになります。

そしてリフォーマーの出番です。ゴルフのスウィングをスプリングにより負荷のかかったストラップで練習していただきます。もちろん、私にはフォームについてアドバイスはできません。ピラティスの視点から体幹の状態、各関節の柔軟性、体重移動についてアドバイスさせていただきます。ダウンスウィング、バックスウィング等、もちろん左右両方ともエクササイズをしていただきます。

興味のある方はぜひいらして下さい!

ブログ

こんにちは。ジメジメとした日々が到来しましたね。体をいたわって乗り切っていきましょう。

さて、ピラティススタジオファーレのロゴが決まりました。Fareの「F」をモチーフとして、ピラティスの動きを表現していただきました。今後、ロゴ共々よろしくお願いします。

また、今日のブログはお知らせばかりですが、リビング田園都市の6/24号にピラティススタジオファーレの紹介が掲載されています。青葉区・都筑区・緑区にお住いの方は見てくださいね♪また、7/14(金)に青葉台フォーラムで開催される「グレースエイジのためのビューティーライフセミナー2017」でピラティスのご紹介をさせていただきます。事前に申し込みが必要ということですので、興味がある方はこちらをご覧ください。

新スタジオオープンに向け、準備を進めています。オープン日は決まり次第お知らせいたします。

ブログ

こんにちは。先月までの季節外れの暑さとは打って変わり、なんとなく冷んやりと肌寒いですね。最近、スタジオオープンに向けて色々と慌ただしく、すっかりブログをサボってしまいました(^ ^)

さて、「若い頃より身長が2センチ以上低くなった中高年は、転倒する確率が2倍に高まるとの調査結果を、埼玉医大などの研究チームがまとめた」という記事がありました。この記事では加齢に伴って身長が低くなる原因としては、骨粗鬆症による脊柱の圧迫骨折のほか、筋力の低下なども挙げています(YomiDr.)。高齢になると筋力は低下する、これは誰もがご存知のことかと思います。筋力は、30歳ごろをピークとして以降減少し、50歳代から低下の割合が高くなり、70歳代までに20〜40%も減少するとも言われています。最近ではこの筋力、筋肉の量やサイズだけではなく、質も関係していることがわかっています。その質というのは筋肉に含まれる脂肪の量。脂肪が多い筋肉=霜降り肉と、脂肪が少ない筋肉=赤身肉、どちらが質の良い筋肉だと思いますか?え、おいしいから霜降り肉?いいえ違います。霜降り肉は質の低い筋肉なんです。加齢により筋の脂肪量が増えると質の低下、筋力の低下が生じるんですね。特に加齢による筋力の低下は足よりも体幹、中でも脊柱起立筋の質の低下が大きいそうです。そう、代表的な状態、それは猫背です。オフィスワークなどで長時間座っている姿勢で、猫背の状態を続けているとそれだけでも脊柱起立筋は弱く、そして硬くなっていきます。

ピラティスは脊柱をひとつひとつ動かして多裂筋を刺激するとともに、脊柱起立筋を鍛えるエクササイズを必ず取り入れています。霜降り肉にならないためにもしっかり鍛えたいですね!